前へ
次へ

相続問題で法律が関係する場合

人がなくなれば相続をすることになりますが、相続にも様々な問題があります。一体どのような問題が考えられるかと言えば、1つが法律上の決められた内容です。いくら相続といえども、当事者間だけで決めることができる部分とそうでない部分があります。例えば子供が2人いた場合に、1人に全額の遺産を出す事はできません。なぜなら遺留分と呼ばれるものが法律で決まっているからです。ただし、この遺留分をもらうかどうかは当事者の意思に関わるものです。いくら法律上遺留分があると言われていても、それを当事者が拒否をすることができるわけです。具体的には、相続放棄と言う形で拒否をすることにより、遺留分をもらわないことも可能になります。このように、基本的には当事者間の意思によって定められますが、もし当事者間の意思がない場合や遺言などをしていない場合には法に則って決められると言って良いでしょう。結果的に、平等に相続がされるものとされています。

Page Top